植物工場 次世代施設園芸


施設園芸を次世代に向かって発展させるには、施設の大規模な集約によるコスト削減や、ICTを活用した高度な環境制御技術による周年・計画生産を行い、所得の向上と地域雇用の創出を図っていくことが必要です。
また、近年の燃油価格の高騰を踏まえ、化石燃料からの脱却を目指し、木質バイオマス等の地域資源のエネルギーを活用していくことが必要です。
先端技術と強固な販売力を融合させ、生産から調製・出荷までを一気通貫して行うとともに、地域資源を活用したエネルギーを活用する次世代施設園芸拠点の整備が進められています。


次世代施設園芸導入加速化支援事業 実施地区

次世代施設園芸導入加速化支援事業 実施地区 北海道拠点 宮城県拠点 埼玉県拠点 静岡県 富山県拠点 愛知県拠点 兵庫県拠点 高知県拠点 大分県拠点 宮崎県拠点


※ 上記の内容は、平成29年3月末現在のものです。